マイナンバーの導入はアウトソーシングがベストです

マイナンバー制度の導入によって、各行政機関ごとで管理されている個人情報が同一人物のものであることが簡単に確認できるようになりました。このことによって、行政サービスの一層の効率化と、国民の申請や届出などにかかる煩雑な手間を削減してことが見込まれています。
さらに、マイナンバーによって、社会保障や税負担の透明性を高めることにより、不正受給をなくして、正当な手続きで給付されるようにすることが可能となるのです。

All Aboutの情報を要約した情報サイトです。

ただし、マイナンバー制度の導入、管理にあたっては、総務担当者としては、回収、登録、保管、運用の作業を実行していかなければなりません。

とりわけ重要なポイントは、保管と運用の問題です。

マイナンバーはまさしく特定個人情報そのものです。万が一、その情報が漏えいしたときには、個人情報保護法と番号法とによって処罰が下されます。

情報漏えいのリスクに備えて、個人情報とマイナンバーを別個に管理していくのが望ましいです。
また、現在社内で使われている人事給与システムを修正する必要性が出てくるかもしれません。



セキュリティを保持する環境条件を見直すというのは、想像以上に多大の負荷がかかってきます。
相当の対応工数がかかってきますし、それに伴う費用負担が求められることは覚悟しなければなりません。

マイナンバーのアウトソーシングに関する情報を公開しているサイトです。

このように、自社内で導入し管理していくことになると、マンパワー面でも費用面でも相当に大きな負担を強いられることは明白です。

そこでアウトソーシングの手法を取り入れる企業が目立ってきました。
導入に関する煩雑を極めて手続きや、個人情報保護のための施策など、すべてアウトソーシング会社が代行してくれるのです。


負荷の高い作業をアウトソーシングすることによって、企業として本来行うべき業務に徹するほうが、業績向上に寄与するのは当然です。