マイナンバーのアウトソーシングをする場合に

マイナンバーを取り扱うことが法制化され、各企業でも必ずそれとかかわるようになりました。

企業内において、マイナンバーを扱うような部署がない場合には、アウトソーシングをする必要があります。

この際に、注目しておくべき点が大きく分けて3点ほどあります。

まず、自分たちがどの程度の範囲で情報を取り扱うかということを確認しておくことです。


これは、依頼をする際に、大変重要になってきます。
その上で、どんな業者に依頼するかのイメージを作っていきましょう。

次に、アウトソーシングのサービス内容について確認をしておくということです。
自分たちが求めているサービスに合致しているかどうかを必ず確認しておきましょう。

過不足のないようにしておくと、後々トラブルを起こすことがないです。
最後に、料金を確認しておきましょう。自分たちが求めているサービスと合致している上で、それを考慮して妥当であるかどうかを比較していきましょう。
複数の業者を比較して、金額を必ずメモしておきましょう。



そうして、その中で一番良いと考えられる業者を選んで交渉を進めていくことが大切になってきます。

これらの点に気を付けた上で、マイナンバーの取り扱いをアウトソーシングしていきましょう。


不明な点があれば、扱っている業者に対して問い合わせをしていきましょう。

マイナンバーのアウトソーシング情報選びをサポートします。

ホームページなどに連絡先が記載されているはずなので、トラブル防止のためにも、必ず細かい点まで確認をしておきましょう。

リクナビNEXT JOURNALに関する予備知識が満載です。